濁色と合うアクセントカラーの帯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この帯ばかりを締めたいと思う私は、このお召しは全然色が合わないわと

思われるお召しにも合わせちゃいました!

678

濁った濁色と清らかな清色はとても相性が悪いのですが

この帯の地色であるアクセントカラーは、こんなに合っちゃいました。(笑)

もちろん、きものが変われば、帯締め・帯揚げが変わりますから

そのCD力も必要です。

かつ、刻々と変わる日差しにあわせるのです。

それが、おしゃれきものの楽しさです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多言語翻訳 Translate »