きもの人 トップ → 作り帯 切らない袋帯

 

 

作り帯 切らない袋帯

 

これは、切らない袋帯で、一体型になって、もう完全に出来上がっていますから
しょう だけなのです。

とても楽なので、初心者の方にお薦めです。


ほら、こんな風に出来上がっています。


これは、裏面です。


まず、お太鼓を、「よいしょ!!」としょいます。(笑)


そして、前の部分をおなかに巻きます。


帯の前板を入れます。


余った部分を後ろに回して、下の両側についている紐を結べば、

もう出来上がりますよ。


ほら、これで、帯は巻けました。カンタン!!


後は、枕と帯揚げと帯締めをするだけです。


帯揚げを巻いた枕を、お太鼓に入れます。


枕についている紐を締めて



帯揚げも締めます。



もうすぐ、完成します!


はい、帯締めを締めましょう!


完成!!



手先も最初から入っていますから、とてもラクチンなのです。

お太鼓の形が決まっていて、崩れることが無いので、安心して締めていられます。

きものは着られるけれど、帯が大変という方には良いかもしれません。

ここでの留意点は、帯の大きさや形が決まっているので、その都度大きさを変えたり個性を出す ことが出来ないのです。

また、作り帯よりも、自分で締めるほうがずっと良く締まり、着心地は良いです。

ただ、ここまで行くのに何年もかかる方もいらっしゃると思いますから
きものを着るときの、1つの選択肢になると思います。

作り帯になさる帯は、上等なものはもったいないです。
ほどほどの品質のものになさって下さい。

ご自分で締めることが出来るようになったら、作り帯では無い方が良いからです。

作り帯の詳細は、こちら をご覧下さい。

 

この帯を締めて、誕生会のパーティーに出席しました

ISKの飯塚先生のお誕生会が新橋「アイリッシュタイムズ 1号店」

で有りました。

今日は、お世話になっている先生の誕生会!
とあれば、訪問着でも着たいのですが

場所は、新橋のパブなので、もっとカジュアルです。

紬にしようかとも思いましたが、礼を尽くして小紋に
金が入った袋帯にしました。