懇親会のきもの姿 米沢無地の紬と八寸名古屋帯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、銀座でボーカルの練習をした後、セミナーと
懇親会に参加させていただきました。

季節感や日差しの印象から、白っぽ過ぎる色合いよりも
少し色が入っている方が良いし
お酒やお食事も有るので、柔らかものよりは紬にしたいと
茜染めの無地の紬を選びました。

IMG_9328

春なので、帯締め・帯揚げは、薄いピンクです。

米沢のこの紬は、色んな季節に出番が一番多いです。
「浮かない」「草木染めの色合いの良さ」「無地なのでカジュアル感が減る」
「帯で変化を付けられる」「とても丈夫」という利点があります。

手織り八寸名古屋帯を締めました。
帯は、絶対に品質が良いものが差が出ますし長く締めることができます。

もちろん自分らしさは欠かせません。

この帯は、本場結城紬に合せて作ったので、それなりのものです。
今はもうこのようなものは作られないので、作っておいて良かったです。
私がこの仕事を始めた頃に比べて、染めも織りも多くの技術がなくなりました。
こだわったものが皆無と思えるような状態で、日々深刻化しています。
それを嘆いても仕方がないのですが、
その現実はしっかり認識しておくべきだと思います。
懇親会は、居酒屋さんの場合もあるので
その場合は、「八寸名古屋」が気軽です。

もし立食パーティ形式なら「九寸名古屋」で、おしゃれ感を アピールしたいです。

今回は、予想がはずれて、華やかな「パーティ形式」でした。
背広姿の男性が9割です。

女性の方々も紺や白などのお洋服がほとんどでした。

ですから、浮かずに自然に存在感を出すことが出来ました。

私は、スーツも着ますが、
スーツでは、普通の人になる感があります。(笑)

きものを着ることで、「新しい世界」を広げることが出来るように思います。

その方によって、必要なおきものや帯が大きく違います。

ライフスタイルと個性にあう、間違いないきもの選びをしていただきたいので
「きものライフコンサルティング」をお薦めいたします。
http://www.kimono-bito.com/z-70213cordinate/index.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加