みかわやさんでの新年会の着姿は本疋田絞り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜は、銀座の老舗 みかわやさんで、すばらしい方々とご一緒の新年会でした。

106704p10000003

状況設定を考えますと

新年会=紬ではないでしょ!柔らかもので、新年らしさが伝わることがベターです。

場所とお部屋=広くないことが予想されましたから裾模様のある付け下げなど

★華やか過ぎない★ことがベターと考えられます。

って、小紋とか色無地などになりますね。

menu_img02

季節、時間=これだけの寒さの中=絞りなどが最高に素敵に見える季節

夜の会なのでそれなりの華やかさなどが欲しいです。

立場:財界の方々のダンスの会の新年会で、私は3回程度しか参加できていないので

末席に座らせていただくような立場です。=目立ちすぎないことがベター

menu_img08

その他考慮すべき点:

1:芸術的な「見る目」をお持ちの方々が多いはずなのです。

ということは、それなりに目を引いていただく着姿である必要があります。

2:ダンスの会 なので、古典的な正統派では楽しくないです。

という訳で、「梅の柄の名古屋帯」ではなく、「馬と松の名古屋帯」を

締めました。

どちらも、京都の人間国宝の作品を染める老舗に描いていただいた

本金の帯なので自信をもって締めることができます。

このようなきものや帯の出番が一番多いです。

3:ご招待いただいた方への気持ち

このような会は、お声をかけて下さった方に対して失礼の無いことが重要です。

そのような着姿でいたいと思います。

IMG_9691

コーディネート 結果:OKでした!!

その場面に合わせて最高の着姿と考えると、同じような着姿が多くなりますが

それで良いのです。(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加