おきものを使ったおあつらえマントとカシミアベスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になって参りました。
これまでマントをお作りいただいたお客様は、マントばかり出番が多いと
いうことになっていると思います。
私もそうなのです。

さて、現在、マントをお作りする生地は、黒カシミア(中肉)が1枚分だけです。

後は、お持込でお受けしています。
お持ちのおきもの地やコート地を使ってお作りすることも出来ます。

IMGP1054 IMGP1051a
IMGP1059a
IMGP1057

これは、とても寒がりとおっしゃるKS様の別注で、カシミアのベストと
マントをお作りしたものです。
マントの表はカシミアで、裏は、お母様のコート地(絹に絵羽柄)を使った
リバーシブルです。

IMGP1064a IMGP1066a

ベストは、ジーパンにも合せて大活躍しているとのことです。

思い出のおきものが生きますから、このようなおあつらえもお受け出来ます。

きもの地は、幅が狭いのでハギが沢山入ります。
そのため、手間と見栄えよくするセンスが不可欠です。

労働大臣賞受賞の縫製士さんが、丁寧にお仕立てさせていただきます。

きもの地お持込の場合のマントおあつらえ:税込み216,000円から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加